tantan’s blog

淡々と過ぎる日常を綴ったアラフィフ主婦のブログです。

上げたい*私のコミュ能力*

「専業主婦って、楽しい?

私は仕事の中でも、

お茶汲みのような仕事が1番嫌いだけどね」

 

少し前のお話になります。

私が退職して、ちょうど1年位が経った頃、

よくご飯を食べに行っていた同僚と二人で、

久しぶりに、大好きなタイ料理店に行きました。

f:id:e-kotantan:20210115083044j:image

そこで他愛ない世間話や、

お互いの近況報告、

元同僚達のことを話題にしながら、

楽しくご飯を食べていた時、

突然彼女から、

「ねぇ?専業主婦って楽しい?

私は仕事の中でも、

お茶汲みのような仕事が1番嫌いだけどね」

そう、言われた言葉に、

私はとても驚きしました。

 

え?お茶汲みの仕事?

どういうこと?

専業主婦は、お茶汲みと一緒ってこと?…。


f:id:e-kotantan:20210115083109j:image

 

それは、

私にとって、思いもしなかった発想でした。

 

私にはその2つは全く違うように思うけど…。

 

専業主婦とお茶汲みの仕事に対して、

類似部分があるという彼女の発言には、

あきらかにトゲがあり、私はすぐに、

「あぁ…、私の言動のどこかで、

彼女の気分を害してしまったんだな…」

と察しました。

 

手早く話題を切り替えたものの、

その後、話が盛り上がるわけもなく、

ちょっと気不味い思いを残したまま、

彼女と別れ、私は帰宅しました。

 

家に帰ると、

夫が「楽しかった?」といつもの口調で、

優しく話しかけてくれたので、

私は、なんだかとても安心し、

何気ない会話をしながら、

部屋着に着替えコーヒーを入れ始めました。

 

…今日は、ちょっと疲れちゃったなぁ~…。

 

と、そんなことを思ってしまったその瞬間、

再び、彼女の言葉が私の脳裏をよぎり、

私は、一気に悲しい気持ちに…。

 

あぁ~…やだな~…(>_<)

 

こんな時はいつも、

自分のコミュ能力のなさに落ち込みます。

自分が嫌な気持ちになる時は、

相手に嫌な気持ちを与えてしまった時です…。

 

相手を傷つけたり、

相手に攻撃されたりしないよう、

気を付けながら、

会話をしていたつもりでしたが、

私は自分で知らない間に、

相手に不快感を与えたのだと思いました。

 

感情というものは、本当に

有り難くも、面倒くさくもあるものですね。

感情がなければ楽に生きられるのに…と、

無意味でネガティブなことを、

思ったりもしましたが、

感情があるおかげで、

幸せという実感が生まれることを思い出し、

すぐに考え直しました。

 

負の感情は、良くない!良くない!(笑)

私はコミュニケーション能力を上げなきゃ…。

 

私にとって、

専業主婦でいられるということは、

誰が何と言おうと、有り難く幸せなことです。

私は改めて、優しい夫に感謝し、

今を大切にしたい…と思いました。

そして、この先

相手に不快感を与えないよう、

もっとコミュニケーション能力をあげたい…

と思ったのでした。

(*^^*)